« 茶釜 | トップページ | スカイライナー »

NewF-1 AE

  今の時代に敢えて買ってしまった物が・・・。
まぁ、デジイチを持ってるから買えるのだけど(;^_^A アセアセ
Canon NewF-1 AEファインダーFN付き です。

_0010602
AFに慣れてしまったので
フィルムを手で巻いて自分でピントを合わせて
自分で露出を決めてシャッターを切る。その繰り返し・・・。
(でもモードラ付きを買ったのはご愛敬でw)

いやぁ~、やっぱり「原点回帰」ですかねぇヽ(´▽`)/へへっ
「撮ってる!」感があって良いものです。
今のデジカメはシャッターだけ押して振り回せば
勝手にピントは合うし露出も外すことは無い。
そんな時代に敢えてマニュアルです(^^ゞ

レンズも渋いMFレンズが有ったんだねぇ~。
このカメラが現役だった時代では手が出なかったレンズも
今ならようやく?!目にする事が出来ました。
「S.S.C」とか、「L」とか。今回は敢えて全て単焦点で揃えてみました。
きゃー(*´Д`)ハァハァ

_0010825_2

今のEOSにする前は、T90を使っていたので、元々はFDレンズを所有していた訳ですが
AFのEOSに完全移行する時に全部売ってしまったのですな(^^ゞ
それでまたMF機とFDレンズを買ってしまう自分に(///∇//)テレテレ

それでも今の時代、FDレンズって、驚くほど値落ちしてないんですな。
どうやらネオ・デジタル一眼と謳われるマイクロフォーサーズのカメラに
マウントアダプターを介して、MFのFDレンズが使えるらしいとか。
その他、ツァイスのレンズなどもアダプターで使えるんだそうな。
30年以上前のレンズをデジカメに付けられるんだって。。

だから今の時代にもFDレンズが重宝されているのか~( ̄- ̄)
_0010607_2

という事で、気がつくと1眼レフ3台に。
1V 1D2N F-1とキヤノン3代御三家?の誕生です(^^ゞ
久々にフィルムを入れたけど、装填のやり方を忘れていてドキドキでした(汗)

こうなると、もはやコレクターの気持ちも判らなくもない訳で。
何しろ、生産終了の名機F-1ですから、希少な逸品が有るようで(^^ゞ
F-1はペンタ部を取り外すことが出来て
測光方式も中央部重点平均測光・部分測光・スポット測光と
3つの測光方式をフォーカシング・スクリーンを交換する事によって変更する事が出来るのです。
その中でもブライトレーザーマットのスポット測光であるフォーカシングスクリーン「SJ」が

ファインダーがかなり明るく
ピントも合わせ易いとNewF-1使いの間では有名だとか。
しかし、生産終了の絶版機なので周辺アクセサリーも売っていない訳で。
さすれば某オークション辺りで探してみると・・・。。
出品されてはいるものの、定価は既に崩壊、プレミアの値が付いている世界でした(汗)
しかもフォーカシングスクリーン「SJ」はなかなか出ない状況。
そんな中で出品されているのを発見!
なんとか競り落としたのでした( ̄- ̄)

_0010943

↑スクリーンは撮影の為に乗せただけで、実際の取り付けの向きは逆です(^^ゞ

いざスクリーンを入れてファインダーを覗いてみると、確かにこの時代のファインダーにしては明るい。
しかし闘いの後、これを仕込んで外に持ち出すのがとても躊躇われている時点で私は立派なコレクター(笑)

早くF-1片手にブラッと出掛けたいのでした(^^ゞ

|

« 茶釜 | トップページ | スカイライナー »